エルム街の悪夢(2010)












◆解説・感想
2010年アメリカ製作。原題:A Nightmare on Elm Street。1984年エルム街の悪夢のリメイク作品。エルム街という街を舞台にした夢の中で生きる殺人鬼が夢の中で殺すと実際に死ぬといった感じのホラー作品。ただ単に殺していくだけでなくどうしてこの殺人鬼が生まれたのか背景も描かれていて面白い作品だと思います

◆登場人物
エルム街の悪夢(2010)登場人物

◆ストーリー <ネタバレあり>
(スプリングウッド・ダイナー)
ディーンは女性ウエイトレスに声をかけるが
返事もせず奥へと行ってしまう
客は他に誰もおらずディーン一人だった
女性ウエイトレスを追い厨房へと行く
鉄の爪の手袋をした何者かがディーンの後ろにいた
エルム街の悪夢 あらすじ・ネタバレあり
振り向きざまディーンは手のひらを切られた

夢から目覚めたディーン
ダイナーで居眠りをしていた
だが手のひらは本当に切られていた
もう3日ほど寝てなかった
寝ることを恐れていた

そこへクリスがやって来た

ディーンはセラピストにかかっていた
過去に何かトラウマがあるのではないかと
セラピストに子供の頃からの話をした
「それから始まった。悪夢が」
クリスが少し席を外す

ディーンが気づくと鉄の爪の男が傍に立っていた
また夢の世界にいた
ディーンはテーブルにあったナイフを取り男を刺そうとする
だが男はディーンの腕を掴み逆にディーンの首にナイフを突き立てる

クリスが席に戻ってくる
ディーンが自分でナイフを首に突き立てていた
ナイフを首に刺しそのまま横に切り裂いた

~~~~~~~~~~~~~~~

(ディーンの葬儀)
葬儀が終わりクリスは棺の横に置かれた写真を見る
そこに5歳の頃の自分とディーンの写真があった
”ディーンとは高校で初めて会ったはずなのに”

クリスはジェシーにディーンは悪夢を見ていたことを話す
その会話をナンシーは聞いていた
ナンシーは悪夢のことを信じるとクリスに言った
ジェシーは話を遮り、これ以上クリスを混乱させるなと注意し去って行った

~~~~~~~~~~~~~~~

(クリス宅)
クリスはアルバムを見返していた
子供の頃の写真が何枚か無かった
「ママ、私の子供の頃の写真は?」
「ガレージにしまったかも」

クリスはガレージに向かう
子供の頃の写真があった
突然電気が消え暗くなる
鉄の爪の男が上に覆いかぶさってきた
「俺を憶えているか?」
クリスは叫ぶ
ベッドにいた。さっきの出来事は夢だった

~~~~~~~~~~~~~~~

(スプリングウッド高校)
クリスが教科書をめくると鉄の爪の絵があった
自分が眠っていることに気付く
周りの生徒は突然消え、目の前に鉄の爪の男がいた
「やあクリス。あいかわらず美人だな」
「あなた誰なの?」
男が近寄ってきて鉄の爪で髪をさわる
クリスは叫ぶ

目を覚ますクリス
周りは心配そうにクリスを見る
切られた髪が教科書の上にあった

続きはこちら