ラ・ヨローナ 泣く女 パッケージ












◆解説・感想
2019年公開 アメリカ映画。原題:The Curse of La Lloronaはラ・ヨローナの呪いという意味。監督マイケル・チャベス 出演リンダ・カーデリーニ 他。ラ・ヨローナとは中南米に古くから伝わる都市伝説。その伝説を基に製作された悪霊系のホラー作品です。作中には「アナベル 死霊館の人形」に出てきたペレズ神父が出演しており、死霊館シリーズの1作品となります

ラ・ヨローナ~泣く女~予告動画


◆登場人物
ラ・ヨローナ 泣く女 登場人物
◆ストーリー <ネタバレあり> 
1673年 メキシコ
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>
幸せそうな4人家族がいた

息子の一人が目をつぶり、再び開けると周りにいた家族は消えていた
息子は歩き、近くの川へとたどり着いた

母親がもう一人の息子を川で溺れさせていた
息子は動かなくなった
そして母親は川の傍までやってきた息子を捕まえた、、、

~~~~~~~~~~~~~~

1973年 ロサンゼルス
アンナは児童相談所で働いていた
自分が担当する子供が学校を休んでいると連絡を受ける
アンナは警官と一緒にその子の家に向かう

~~~~~~~~~~~~~~

玄関ドアが少し開く
パトリシアが顔を覗かせる。少し様子がおかしい
警官には家の前で待ってもらい、アンナだけ入る

「子供たちはどこ?」
パトリシアは質問に答えない。やはり様子がおかしい
「聞こえる?彼女の泣き声」
何を言っているのかアンナには理解できない

鍵のかかった押し入れがあった
「そこは開けないで」
パトリシアが襲ってきた
警官が止めに入る
アンナはパトリシアから鍵を奪い押し入れを開ける
二人の兄弟がいた

兄弟は保護されたが不安げな様子だった
アンナは安心させようとやさしく接する
弟の手首に傷を見る
兄弟は施設に泊まることになった

~~~~~~~~~~~~~~

その夜
アンナに連絡が入る
「保護した兄弟が死んだ」
すぐに現場へと向かった

ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>
兄弟は川で発見された。溺死だった
パトリシアもいた
警察はパトリシアを容疑者として連れていく
パトリシアはアンナに向かって呪文のような言葉を発する
続けて言う
「私はラ・ヨローナを止めようとしたのに」

~~~~~~~~~~~~~~

兄弟の葬儀
アンナは出席していた
ぺレズ神父と話す機会があった
「神父さん、ラ・ヨローナが何かご存じですか?」
神父はアンナに語った
昔の話で夫が若い女と浮気をし、妻は嫉妬に狂い夫の宝である子供を溺死させた
我に返った彼女は愕然とし自らも命を絶った
彼女は亡くした子の身代わりをさらいにくるという伝説だと

~~~~~~~~~~~~~~

アンナの家
子供らは元気がなかった
この時アンナはまだ知らなかったが、子供らはすでにラ・ヨローナと会い怖い思いをしていた
サマンサの腕に傷があるのに気づくが、転んだだけと言うのでそう納得した

知り合いの警官からパトリシアには完全なアリバイがあると知らせを受けた


子供らが寝静まったころ、アンナは白いドレスの女を見る
その女はすぐに消えた
アンナはそれが悪霊だとはまだ分かっていない
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>

~~~~~~~~~~~~~~

警察署
アンナはパトリシアに面会に行く
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>
「お子さんのことは残念です」
「何を言っているの?子供が死んだのはあんたのせいよ。私はあの女から子供を守ろうとしたのに」
アンナはパトリシアの腕にも傷があるのを見る
「その傷は?」
「ラ・ヨローナよ。もうこの傷を知っているようね。私が警察に連行された時、あんたに言った言葉は”私の子供の代わりにあんたの子を奪って”て言ったのよ」

~~~~~~~~~~~~~~

アンナの家
クリスがラ・ヨローナに襲われ階段から転げ落ちる
アンナがちょうど戻り、すぐに病院へ連れて行った

~~~~~~~~~~~~~~

病院
医者がクリスを診察する
腕に傷があるのを見る
この時初めて、アンナはクリスにも同じような傷があることを知る

警官からパトリシアは証拠不十分で釈放されたと連絡を受けた

~~~~~~~~~~~~~~

アンナの家
娘は風呂に入っている
アンナは息子に何があったのかを聞く
「白いドレスの女がいた。泣いてた。僕らを連れて行くって。信じてくれる?」
「信じるわ」

風呂場から何か騒がしい音が聞こえた
アンナと息子はすぐに向かった
ドアが開かない
力づくでなんとかドアを開ける
娘が風呂で溺れそうになっていた
救い出し抱きしめる
「何があったの?」
娘は恐怖で何も言わない
「ママ」
息子がアンナの後ろを指さす
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>
ラ・ヨローナがアンナを襲う
アンナは何とか振り払う
3人は家から逃げ出した

~~~~~~~~~~~~~~

アンナと子供はぺレズ神父と会う
「信じてもらえないでしょうが、ラ・ヨローナに襲われました」
「信じます。私も数年前、ある人形に出会い怖い体験をしました」
「助けてくれますか?」
「なら彼を紹介しましょう。元神父で今は”呪術医<シャーマン>”をやっています」

~~~~~~~~~~~~~~

アンナらは呪術医ラファエルに会う
彼は引き受けてくれた
どこへ行こうがラ・ヨローナはアンナ達につきまとう
対決すべく家へと向かう

~~~~~~~~~~~~~~

アンナの家
家中のあちこちに十字架、ロウソクなどを置き戦いにそなえ準備する
”ラ・ヨローナは夜に力を増す”

夜になる
家の電気が消え、2階では足音が聞こえる
ラ・ヨローナは子供を捜していた
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>
ラ・ヨローナは叫ぶ
ロウソクの火が次々と消え暗闇となる

暗闇の中、階段にうっすらと女の姿が見える
見えなくなるとアンナ達の後ろに立っていた
アンナは壁に吹っ飛ばされる
ラファエルは祈りながら辺りを見回す
子供たちはテーブルの下に隠れる

ラ・ヨローナは子供たちを見つける
クリスの足を引っ張り外へ連れ出そうとする
ラファエルが聖水をかけクリスを救う

ラファエルは”炎の木の種”を撒く
これで作る線をラ・ヨローナは越えることが出来ない
いったん追い払い時間は過ぎる

玄関ドアが開く
白いドレスの女が立っていた
平然と”炎の木の種”で作った線を跨ぐ
ラファエルやアンナらは気づいていない

「助けて!」
クリスの叫ぶ声が響く
パトリシアが子供らを外へ連れ出そうとしていた
手には銃を持っていた
邪魔に入ったラファエルを撃つ
肩に当たりラファエルは気を失う
「この子たちを差し出すから私の子を返して」
パトリシアは”炎の木の種”を足で払う
線が崩れた

アンナは見えない力で引きずられ、地下に閉じ込められる
ラ・ヨローナは子供たちに近づく
子供たちは屋根裏に逃げる
ラ・ヨローナは追っていく
ラ・ヨローナ 泣く女 あらすじ<ネタバレあり>


「私の子よ!奪わないで!」
アンナは叫びながら地下ドアを叩く。ドアは開かない
パトリシアはアンナの声を聞き思い直す
地下ドアが開く。パトリシアが立っていた
「行ってあげて」
アンナはすぐに子供たちの所へ向かった
気を取り戻したラファエルも後を追った

ラ・ヨローナがアンナらに襲いかかる
アンナはラファエルから”炎の木”で作られた十字架を受け取る
それをラ・ヨローナの胸に刺す
ラ・ヨローナは跡形もなく消えた

すべては終わり平穏な日々を取り戻した

~おしまい~


ラ・ヨローナ ~泣く女~(吹替版)  Amazon Prime Video


↓↓↓ペレズ神父出演してます



↓↓↓死霊館シリーズの原点となる作品