13nichi_1












◆解説・感想
1980年公開。80年代ホラーの代表的な作品の一つです。13日の金曜日はアメリカなどでは不吉な日とされてますが、その由来ははっきりと分かってません
物語はクリスタル湖キャンプ場に集まった男女が次々に殺されていくだけです。殺害シーンは殺人鬼目線で、誰が殺人鬼か分かりません。ちなみにジェイソンではありません。最後は生き残りと殺人鬼が争うわけですが、まあ弱っちい殺人鬼です。それまでは不意打ちを食らわす感じでうまいこと倒していきますが、面と向かって争ったときは大概の人に負けるんじゃね?と思います
今から40年ほど前の作品なので、新しいホラーや刺激を求めるのは酷かなと。13日の金曜日=ジェイソンというイメージがありますが、そうではない映画なので興味がわけば観ていただけたらと思います。
また、若かりし頃のケヴィン・ベーコンが出演してます。割と最初の方で退場となっちゃいます

ここからは殺人鬼の正体のネタバレ
13日の金曜日の音楽に呼吸音?のような音楽が流れます。「キッキッキッ・・・マッマッマッ・・・」と言ってるのですが、ジェイソンの母が言う言葉「Kill her,Mommy(彼女を殺して、ママ)」のKill(キル)の最初の「キ」とMommy(マミー)の最初の「マ」を加工してつくられてます



こちらはリメイク版のストーリー紹介してます