インシディアス













◆作品紹介
公開:2011年
製作:アメリカ
監督:ジェームズ・ワン
脚本:リー・ワネル
出演:パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、リン・シェイ 他
この世でない世界に迷い込んでしまった息子の魂を救い出す物語
幽霊・悪魔が出てくるホラー映画
インシディアスシリーズ第1作品
監督ジェームズ・ワンと脚本リー・ワネルは映画「SAW」でも組んでいて、その遊び心で「SAW」に出てきた人形の顔が黒板に書いてあります
インシディアス あらすじ

◆登場人物
インシディアス 登場人物
◆ストーリー <ネタバレあり>
インシディアス あらすじ
引越しをしたランバート家

赤ちゃん見守りトランシーバーからカリの泣き声が聞こえた
ルネは様子を見に2階へと上がった

カリを泣き止めさせる
何か息遣いのような音が聞こえた
音の聞こえるのはどこかと辺りを捜す
屋根裏部屋のドアを開け上がって行った

屋根裏部屋は静かだった
”気のせいか”と下りて行った

~~~~~~~~~~~~~~~~


ダルトンが一人で階段を上がった所で遊んでいる
屋根裏部屋のドアが勝手に開く
ダルトンは屋根裏部屋へと上がる

真っ暗だった
立てかけてあった梯子を上り、電気の紐を引っ張ろうと手を伸ばす
梯子から落ちてしまった
起き上がるダルトン
何かの音が聞こえる
聞こえる方に振り向く
暗闇の中でダルトンは何かを見た
ダルトンは叫んだ
インシディアス あらすじ

叫び声を聞き、両親はすぐに屋根裏部屋へとやって来た
ダルトンは頭にアザと足を少し痛めていた
両親は梯子から落ちたから叫んだと思っていた
ダルトンを部屋へと運び寝かせた

~~~~~~~~~~~~~~~~

翌日
ジョシュがダルトンを起こしに行く
何度声をかけてもダルトンは目を覚まさない
ジョシュは異変に気付く

病院
すぐに検査してもらった
異常はない。であるが昏睡状態である
原因不明だった
医者にもどうすることも出来なかった

~~~~~~~~~~~~~~~~

3か月後
ダルトンは依然昏睡状態だった
看護の仕方を教わり、両親はダルトンを引き取ることにした

赤ちゃん見守りトランシーバーから何かが聞こえる
男の声だった
ルネはトランシーバーを手にとり耳にあてる
「お前には何もできない。よこせ、よこすんだ!」
カリの泣き声が聞こえた
ルネは2階へと駆け上がった

カリを抱き上げる
部屋の中を見るが誰もいなかった

ルネはジョシュに今日の出来事を話す
その時、玄関ドアを叩く音
ジョシュが様子を見に行くが誰もいなかった
しっかりと玄関の鍵を閉め防犯セキュリティもONにする

カリの泣き声が聞こえた
ルネが部屋へと向かう
何者かが立っていた
インシディアス あらすじ
ルネは叫び声を上げる
ジョシュがすぐにやって来たが誰の姿も見あたらなかった

防犯アラームが鳴り響く
ジョシュが玄関に行くと玄関ドアが開いていた
慎重に家を見て回るが侵入者はいなかった

ランバート家はまた引っ越すことにした

~~~~~~~~~~~~~~~~

新居

ロレインが息子夫婦の様子を見に来ていた
ルネはここでも何者かの姿を見る
このことをジョシュに話すが本気にしない
ロレインはルネの言うことを信じる
「私がここに来たのは夢を見たからよ。夢の中で私はダルトンの部屋にいた。何かがいた。それは”訪問者だ”と言った。”何が目的か”と聞くと”それ”はダルトンを指さした」
ダルトンの部屋から激しい物音が聞こえた
3人は部屋へ向かった
インシディアス あらすじ
ひどい有様だった
ダルトンは床に倒れていた
命に別状はなかった
「ある人を知ってるわ」
ロレインは二人にそう言った

~~~~~~~~~~~~~~~~

インシディアス あらすじ
エリーズが訪ねてきた
ジョシュと握手をする
「すっかり大人になったわね」
「会ったことが?」
「お母様とは古い友達なのよ」

エリーズはすぐに何かを感じ取る
彼女には二人の助手がいた
下の子二人はロレインの所へ避難していた

ダルトンの部屋へ行く
エリーズは眠り続けるダルトンのすぐ傍まで行く
天井の方から何か音が聞こえた
他の者には聞こえていない
エリーズは上を向く
はっきりと悪魔の姿を見た

~~~~~~~~~~~~~~~~

エリーズはジョシュとルネに自分の考えを伝えた
ダルトンには優れた幽体離脱の能力がある
今までにたくさんの経験をしているはず
今回は遠くまで行ってしまい迷子になってしまった
そこは生者がいてはいけない場所。”向こう側の世界”
死者たちはダルトンの肉体に潜り込もうとする
もう一度この世で生きる為に
ルネが見た者はその死者たち
その中で更に邪悪な悪魔がダルトンを見つけた
悪魔の目的は人間を苦しめること

~~~~~~~~~~~~~~~~

ダルトンの部屋
エリーズはダルトンとの交信を試みる
交信を行い、ダルトンをこっちの世界へ連れ戻す考えだ
エリーズ、スペックス、ジョシュ、ルネの4人がテーブルを囲む
その様子をタッカーがビデオカメラで録画する
インシディアス あらすじ

交信に成功する
ダルトンは死者や悪魔に見つからないよう隠れていた
交信をしているのがバレ、ダルトンは見つかってしまう
違う何者かが交信にでる
”くそアマめ!お前を知っているぞ”

眠ったままのダルトンがテーブルの脇に立っていた
右手をテーブルにたたきつける
大人たちは全員吹っ飛ぶ
子供とは思えない力で大人たちに攻撃する
エリーズがダルトンを捕まえる
「ダルトンを放しなさい!」
エリーズがそう叫ぶとダルトンはそのまま床に倒れた

タッカーが録画したビデオを再生する
ダルトンは悪魔に操られていた
インシディアス あらすじ

~~~~~~~~~~~~~~~~

ロレインが家にやって来た
エリーズが彼女を呼んだ
とても大切な話をする為に

ロレインは話し始める
「ジョシュ、あなたが子供の時にエリーズを呼んだことがあるの。あなたを救う為に」
ジョシュにはさっぱり分からなかった
「ダルトンの能力は遺伝よ。あなたも幽体離脱ができるの」
「僕が?」
「眠る度に”老婆が現れて怖い”と言っていた。私は信じなかった。でも、、」
そう言ってロレインは何枚か写真をみせた
子供の頃のジョシュの傍に老婆の姿が映っていた

ここまで言われてもジョシュは何も思い出せなかった
それは老婆からジョシュを守る為、エリーズが記憶と幽体離脱を封印したからだ

「この老婆は?」
「寄生者(パラサイト)よ。あなたを向こう側の世界へ連れて行こうとしてたの」
エリーズが答え、さらに続ける
「幽体離脱の時間が長いと戻ってこれなくなる。もうあなたの力に頼るしかないの」
ジョシュは頷く

~~~~~~~~~~~~~~~~

インシディアス あらすじ
幽体離脱に成功する
今のジョシュには信じられない体験だった
エリーズの声に従い向こう側の世界へと行く

ランプ片手に暗闇を進む
周りは何も見えない
さらに進むと家が見えた
越す前に住んでいた家だった

家の中には何人もの死者がいた
彼らに息子のことを聞いても何も答えてくれない
ジョシュはダルトンを捜す
屋根裏部屋へとやって来た
赤い扉があった
扉を開け先へと進んだ

大きな部屋だった
ダルトンはそこで泣いていた
ジョシュはダルトンを見つけ抱きしめる
その様子を悪魔は見ていた
インシディアス あらすじ

ジョシュはダルトンを連れ逃げ出す
家の外に出た
たくさんの死者たちがいた
二人は逃げる

~~~~~~~~~~~~~~~~

エリーズの指示でルネが眠っているジョシュに声をかける
「私の声聞こえる?こっちに来て」

~~~~~~~~~~~~~~~~

ルネの声が二人に届く
声の聞こえる方へと向かう

二人は今の家に戻ってきた
だがまだ現実世界ではない
自分の体に戻る必要がある
「先に行け!」
ジョシュはダルトンを先にいかす
一人になりジョシュは後ろに振り向く
「お前か」
老婆が立っていた
インシディアス あらすじ

「お前など怖くない!もう恐れはしない!」
ジョシュは老婆に戦いを挑む
ジョシュの強い意志の前に老婆は消えていった

~~~~~~~~~~~~~~~~

ダルトンは自分の体に戻ろうと先を急ぐ
悪魔が待ち構えていた
悪魔から逃げる
自分の体を見つけ戻る

ダルトンは目を覚ます

ジョシュもすでに戻っていた
ジョシュとルネはダルトンを抱きしめる
すべて終わった
ロレイン、エリーズ、スタックス、タッカーも喜んだ
インシディアス あらすじ

~~~~~~~~~~~~~~~~

エリーズとジョシュの二人だけで話す
エリーズは異変を感じ取る
ジョシュの写真を撮った
「なぜ撮った?」
エリーズはカメラの画面を見て唖然とする
「なぜ撮った!?くそアマめ!」
ジョシュはエリーズの首を絞める

ルネが様子を見に来た
ジョシュの姿はなかった
エリーズは椅子に腰かけていた
声をかけるが返事はない
エリーズは死んでいた
インシディアス あらすじ
落ちていたカメラを手にとり画面を見る
黒衣の衣装を着た女が映っていた
インシディアス あらすじ
ジョシュの体はこの死者に乗っ取られていた

背後からジョシュの手がルネの肩に伸びる


~おしまい~

ジャームズ・ワン監督の他のホラー作品